SEのゆるい技術メモ

ポエムとして参考程度にどうぞ



TektonのCICDチュートリアルが分かりやすいのでお勧め

いいね

Tektonを利用したKubernetes環境におけるCI/CDですが、以下にチュートリアルの記事がありました。

Tekton Pipelines を使用して Hello World アプリケーションを作成し、Kubernetes 上にデプロイする

試しにそのままやりましたが、CICDをさくっと実現できました。

Githubを自前にするには

パイプラインリソース用のrevisionとurlを適切に指定する感じ。
今回はブランチ名をmainとしています。

apiVersion: tekton.dev/v1alpha1
kind: PipelineResource
metadata:
  name: git
spec:
  type: git
  params:
    - name: revision
      value: master
    - name: url
      value: https://github.com/[USERNAME]/tektontest

いやー、こんな簡単にTektonが利用できるとは。おもしろかった。